時給思考を読んで行動するときの自分の判断基準を見直した – 中学受験に臨む娘を特に金銭的にサポートするための記録

中学受験に臨む娘を特に金銭的にサポートするための記録

受験勉強の記録、塾費用の捻出、目標校に合格するために必要な各種項目の試行錯誤の記録

読書

時給思考を読んで行動するときの自分の判断基準を見直した

投稿日:2018年1月1日 更新日:

スポンサードリンク

時給思考を読みました。

なぜ読んだのか

自分がやった方がはやい、自分がやったほうがうまくできる。教えるのが面倒くさい。教えてもうまくやってもらえるかどうかわからない。そんな思考がループしていた。もちろんよくない事だと分かっているのだが、悪いループを断ち切れなかった。どのレベルの仕事を人に任せて、どの仕事を自分がやるのか明確な基準が知りたかった。そんな事を知りたくて本書を手に取りました。

自分の時給以下の仕事をやらない

基準は明確でした。自分の時給を把握して、自分の時給以下の仕事はやらない。という事です。

自分の時給を明確にする?自分の稼いでいる金額はもちろんわかります。しかしながらその給料を得るのにどれだけの時間を費やしたのか?と問われるとすぐにはでてきません。いや。時間をかけても明確に数字を計算していないので出てきません。

時給を算出するためには働いている時間を正確に計測しなければなりません。1日ぼーっと仕事をするのではなく、いつ仕事を始めて、休憩して、いつ終了させるのか。明確にして計測する必要があります。1日8時間勤務で1ヶ月、20日間ならば160時間という数字を出す必要があります。

私は会社勤務なので一応労務管理の観点から出退勤の時間は記載して会社に報告をしているのですが正直言うと勤務時間前、帰宅後に自宅や出先で仕事をしている事は多々あり、本当に仕事に費やした時間というのは正確に把握できておりません。今後このような時間も含めて本当に使っている時間を計測する必要があります。

この計測する作業だけでも仕事のクオリティー向上につながりそうです。レコーディングダイエットといって、ダイエットの手法の一つで毎日体重を計測していく事でダイエットを効果的に行うという手法があります。まさにこのビジネス版という事になるのでしょう。時間を計測することででも効率的になっていくでしょう。これに時給という観点で仕事を行うのか、行わないのか、どれだけの時間をかけるのかという事が真剣に考えられます。時給を考慮して仕事を行う重要性というのが本書では様々事例や、具体案を含めて記載されております。

例えば
・お金持ちは自分の時給を知っている
・働けば働くほど時給がさがる。
・時給が高い人は仕組みをつくり、作業を人に任せる。
・時給は2倍ではなくて10倍をめざす。
(これは時給2倍程度では自分の現在の延長線上の努力でなんとかしようとするが10倍などでは現在の延長線上ではなんともできないので、根本的な仕組みを変える事となる。あわせて自分の目標以上の事は人はできないのでエベレスト理論で大きな目標をたてる)
・時給が高い人は作業をしてはいけない。
・パブリックスピーキング、コピーライティング(書く力)、マーケティングのスキルを身につける。
・エネルギーを要する決断を減らす。
あらかじめこういうときはこうすると決めておく。簡単な例で言うとスティーブジョブズが毎日同じ服を着ていたというようなこと。

具体的に日々の暮らし、
仕事に活用が出来る考え方を自分の頭にインストールする事ができました。

「時給思考」自分の考え方としてもっておいてしかるべき考え方だと思います。

-読書

執筆者:

関連記事

結果を出すリーダーほど動かないを読んで組織運営のルールについて考え直しました

結果を出すリーダーほど動かない 著者 山北陽平 を読みました。 なぜ読んだのか? 組織を運営するにあたってなんとなく、あうんの呼吸でやっている。人数が1人、2人レベルならば目が届くが3人、4人それ以上 …

読書をすることで自分の行動を変えて行くのが重要!

本を購入して読んでそれで満足してしまうことがあります。 私がよく読むのはビジネス書なのですが、キレイな本のまま読んで、なんとなく理解して、 新しい情報が得られたと満足してそれで終わってしまうことが多々 …

最強の経営を実現する「予材管理」のすべてを読んで実行する2つのこと

最強の経営を実現する「予材管理」のすべて 著者 横山信弘 を読みました。 なぜ読んだのか? 営業の目標予算を絶対達成させる。未達成のリスクを極力低減させるため、大量に営業行動を行うというアプローチを行 …

完全ひとりビジネスを始めるための本を読み実践中

完全ひとりビジネスを始めるための本を読みました。現在この本を読んで実践中です。                 稼ぐため …

HotPepperミラクルストーリーを読みました

HotPepperミラクルストーリーを読みました。               なぜ読んだか? 事業の立ち上げの仕方。立ち上げた事 …