過敏性腸症候群でイリボーを飲んだ結果 – 中学受験に臨む娘をサポートするための記録

中学受験に臨む娘をサポートするための記録

受験勉強の記録、塾費用の捻出、目標校に合格するために必要な各種項目の試行錯誤の記録

習慣

過敏性腸症候群でイリボーを飲んだ結果

投稿日:2017年10月3日 更新日:

スポンサードリンク

昔から(恐らく中学生ぐらいだろうか)何かにつけておなかが痛くなりました。(下痢になるという事です)

とはいっても常時、下痢というわけでもなく。時々なるというぐらいで深刻には考えておりませんでした。今思い起こせばストレスを感じたとき。お酒を飲んだ翌日、風邪を引いたとき、体調が悪いとき、なんとなく不安なとき等におなかが痛くなっていたような気がします。

まあ治ればありがたいなあ程度に考えていたのですがふとテレビだったのか、ネット検索だったのか記憶にないのですが過敏性腸症候群 という病名を知りました。日常生活に支障があるかというと、特段ないが気になると言えば気になるという状況でありました。明確に病名がついているとなると解決策もあるということがわかり近所の胃腸科に行ってみました。

受診した先生自身も 過敏性腸症候群 だとの事で症状を伝えたところそれは それは 過敏性腸症候群 ですねとのことでした。以前は薬がなかったのだが アステラス製薬のイリボーという薬があり処方していただきました。過敏性腸症候群は完治する病気ではなく、適当に適切に付き合っていくしかないと言われました。

イリボーはちょっとおなかが緩くなりそうだな。今日は仕事で移動が多いのでトイレにいくタイミングがなさそうだ。明らかに下痢しているという時に飲むようになりました。

逆にいうとトイレにいつでも行ける。自宅に常時いる日。会社でもアポもなく自分の都合でトイレに行ける日は飲んでおりません。

何かあってもイリボーがあるのでと御守り的な効果もあります。私の場合はプラシーボ効果もあるのかもしれませんが明確に薬を飲んだら改善するようになりました。これからも緩やかに使って行きたい薬です。

ちなみに自己負担分で2週間分(14コ)で1,000円程度です。薬はこんな感じ

使い方としてはおなかの調子が悪くて且つトイレに行くタイミングがコントロール出来ないとき。
飲み会がある日、出張などで移動が多いとき。トイレには行けるが数日間おなかの調子が悪いとき等に飲むようにしています。

お悩みの方はまずは近所のお医者さんへ相談するのをお勧めまします。私は胃腸科で処方してもらい、その後別の病院に風邪で行ったときも自らイリボー出してくださいとお願いをして処方してもらいました。

-習慣

執筆者:

関連記事

積上げ思考から逆算思考への矯正

ビジネスにおいて重要なのは積み上げ型の思考ではなくて逆算思考ということはよく言われます。自分の頭の中ではもちろんわかっているのですが、なかなか実行が出来ておりません。頭の中で分かっていると言いましたが …

成功するための習慣化を身につける方法

「人は繰り返し行うことの集大成である。だから優秀さとは行為ではなく習慣なのだ」アリストテレス 「成果をあげるのは才能ではなく習慣だ」ドラッカー 習慣についてこのような言葉が残されています。意識で日々何 …

風邪を引かない習慣 風邪を早く治す方法

風邪を引いたときに風邪を早く治す方法を調べ、風邪を引かない習慣を調べています。この際今後の事もあるので改めて風邪を引かない習慣及び風邪を早く治す方法をまとめてみました。風邪になると辛いですよね。是非参 …

潮干狩りの後にやることを想定して逆算して潮干狩りを実施する重要性!

本来ならば1時間半で到着すべき所、GWの大渋滞でアクアライン近くまでは順調にきたが、もう少しでアクアラインというところで2時間近くノロノロ運転で結局4時間30分かけて潮干狩りの場所に到着しました。早め …

人生の質を向上させるための日々の習慣について

今日は私が実践している人生の質を向上させるための日々の習慣についてご紹介します。 日々の良い習慣、活動が蓄積することで人生の質が改善する事を信じて生活をしております。 朝は5:00に起床する 朝5:0 …