中学受験5年生スタートに際して – 中学受験に臨む娘をサポートするための記録

中学受験に臨む娘をサポートするための記録

受験勉強の記録、塾費用の捻出、目標校に合格するために必要な各種項目の試行錯誤の記録

中学受験

中学受験5年生スタートに際して

投稿日:

スポンサードリンク

現在娘が中学受験を目指しています。塾に行くのは先生の授業が面白いらしく、楽しんで行ってます。ただし小学生だから仕方が無いよなとは思うのですが自宅ではどうしてもだらだらしてしまって勉強がなかなか出来ていません。

大人である私も基本的には会社ではなんとか仕事はしているのですが、どうしても会社にいる時間帯に仕事が終わらず、まあいいや家でやろうと思って、家に帰るのですが、結局家でもたいした仕事は進まずに翌朝を迎える。そして仕事がどんどんどんどんたまっていくという事を繰り返しています。いよいよまずいので最低限の事はなんとかこなすという事でしのいでいるていたらくなので、娘に対しても仕方が無いよなとは思ってしまいます。

そんな中通っている塾の中で保護者会があったので行ってきました。
現在小学4年生の11月なのですが塾としては新小学5年生としての新年度説明会でした。

ビジネスマンでも役に立つ中学受験突破の仕組みについて

基本的に中学受験を突破する仕組みの話なのですが、仕事をする大人にとっても身につけておく重要な事が多々ありました。少し紹介させていただきます。
・インプットからアウトプットへ
勉強しても試験でテストを取れない一つの理由としてアウトプットする力が不足しているという事があるそうです。インプットばかりするのではなく、試験でどのように点をとるかというアウトプットを重視して学んで行くことが重要とのことです。

・大きな目標達成の仕組みについて

左の図のように目標をいかに達成するかという視点で様々なプログラムが設定されているようです。
このプログラムの中にしっかり入って、力を伸ばしていくのが得策なようです。
今まで多くの受験生を鍛え上げて、改善してきた仕組みですが
見ていただければわかるように仕事にも充分通じる考え方でした

・スケジュールの立て方について
下記がサンプルのスケジュールです。

スケジュールの立て方のコツとしては
①動かすことの出来ない予定を埋める
・学校・塾での授業/習い事/日常の生活(睡眠・入浴・食事・・・)
②12時間の家庭学習時間をどこに配置するか
③習い事との優先順位・取捨選択を判断
④非現実的なスケジュールは長続きしない
との事です。
仕事の上で同様に考えたほうが良いでしょう。いや仕事単体ではなくて大人でも人生において時間割をつくって自分を律した方が最終的に成果が大きくなると思います。あらためてGoogleカレンダーにて自分のスケジュールを管理しようと思いました。

娘の受験は親のビジネススキルの向上につながるものだと感じております。
また娘が将来自分で仕事をするときにも生きてくるものだと信じて取り組ませたいと思いました。

-中学受験

執筆者:

関連記事

中学受験 小四夏休み終了後の塾からのアドバイス

現在私の娘は中学受験を目指して塾に通っています。 夏休みが終了して父兄に対して塾からのアドバイスがありましたので紹介いたします。 夏休みで生活習慣が乱れている 学習習慣を作り直すのが重要 どの子供も夏 …

なぜ中学受験をするのか?そもそもを考える必要性

中学受験をなぜやるのか?そんな疑問が日々でてくる状況です。小学4年生の子供と母親が本来子供がやるべき家庭学習をやらず、だらだら過ごしている事で中学受験なんてやめてしまえという話がでてきます。 そもそも …

中学受験に挑む子供とのやりとりを7つの習慣で改善!

    まず理解に徹し、そして理解される 7つの習慣の第5の習慣は「まず理解に徹し、そして理解される」という題目です。 中学受験にのぞむ娘は塾に通い勉強はしているのですが、はたから …

早稲田アカデミー新4年生 初月のコスト

先日早稲田アカデミーの入塾説明会を聞いてきました。その結果新小学4年生のコース(現在小学3年生の2月)に申し込んで来ました。 一番気になっていました初月のコストが明確になったのでご紹介します。 申込み …

中学受験の塾はどこがいい?早稲田アカデミー説明会参加

中学受験の新シーズンスタートは小学3年生(春から4年生)の2月なんだそうです。中学受験を視野に入れている方にとってはあたりまえの事なのかも知れませんね。 特別中学受験は考えていなかったのですが塾の体験 …